教職英語検定とは

 
教職英語検定は、日本の国際的なグローバル化に対応し、小学校から高校までの学校教育環境における学級運営、授業に必要な英語(教職英語と定義します)の力を習得し、その習得した力を審査することを目的としています。
 
出題される問題は、学校教育に関する分野の英語で、実際に英語圏の学校教育施設(スクール、ハイスクール等)のクラス運営及び授業で使用されている会話や表現を参考して、文部科学省の教育指導要領を踏まえ、日本の公立学校教育の現場に即した内容で構成されています